ブラウジングタグ

中南米

メキシコ:年初めの2ヶ月間、過去最悪の殺人事件数を記録

メキシコ国家公安システム事務局(SESNSP)は、2019年1月と2月の殺人事件発生数が約6000件で、過去最最高数であると報告した。 計5803人が殺害されており、昨年の同時期よりも13%増えている。特に2月の数値は20年間で最も高くなっている。 政府の調査では殺人事件の被害者数は4622人であり、SESNSPの調査結果よりも1181人少ない。誤差には、調査に用いた情報や記録の出所の違いが影響している。…

南米のバーベキュー「アサード」〜パラグアイが頂点に!!

メキシコのプエブラで開催された「Asado Latin Fest」に、「アサドレス」と呼ばれるアサードの調理を専門とするパラグアイ人10人がAチームとBチームに別れて参加した。 その結果、パラグアイBチームが優勝しAチームは3位に輝いた。2位にはコスタリカとメキシコの合同チーム「チャヌクア」が選ばれた。 Asado Latin…

OASアメリカ大陸麻薬摂取調査2019の結果〜チリの高校生が上位

米州機構(OAS)が行った最新の「2019年アメリカ大陸における麻薬摂取に関する調査」によって、調査対象国32カ国中チリの高校生の摂取・使用の多さが明らかとなった。 El Mercurio新聞に掲載された内容によるとチリの高校生の喫煙率は24%で、アルゼンチン、メキシコとボリビアの15%を上回っている。 マリファナの場合は、チリの若者の30%が試した事があると答え、アンティグア・バーブーダの25%弱、米国の約23%を超えている。コカインの場合は約4%となっている。…

チリ:「エコなメチョネオ」〜新大学生がビーチのゴミ拾い

チリはもとより南米各国で新大学生に対して行われる「メチョネオ」、「バウティスモ」と呼ばれる大学入学を祝った上級生からの「洗礼」。その内容は過激な事で知られ、死亡者が出て問題になる年もある。 新大学生の入学式の時期であるチリでは、今回通常とは違った「メチョネオ」が話題となり賞賛されている。 チリ北部のタラパカ大学の上級生達は、従来の暴力的なメチョネオではなく環境に役立つエコな方法を選択した。農学部の新入生50名は海岸線のプンタ・チンチョロに集合し、ゴミ収集を行った。…

ベネズエラ:深刻化する大規模停電、断水、食料不足

6日目となる停電による断水と食料不足に苦しむベネズエラ国民は、新たな苦しみの中にいる。 カラカスでは、約2000人の反政府派の人達の前で国際社会からの承認を得ている自称暫定大統領のグアイド氏が、「権力の侵害は終わりに近づいており、ベネズエラが暗闇から抜け出す日はもうすぐだ、自分達を信じてほしい」と演説している。 「仕事に取り掛かるためにには事務所が必要だ、だから近く私の事務所であるミラフロレスに出向かう。」と、政府官邸について触れた。…

中南米:カンナビス栽培・消費量増加〜世界全体で同じ傾向 

国際連合(ONU)は独自の調査報告書で大麻の栽培と消費が世界中で平均的に増加していると忠告している。 大麻に対する寛容な規則が設けられる方向性に関して国際的に活発な議論が行われている。国際条約では、医療と科学的な目的の場合に限った大麻の使用が考慮されているが、嗜好品として合法的な大麻の使用が認められている国や地域が多数あるアメリカ大陸に対して、国際麻薬管理委員会(JIFE)は「誤解」が生じていると指摘する。 アメリカ大陸に関して…

パラグアイ経済、目も眩むようなスピードで成長

世界銀行はパラグアイ経済について、「過去15年間で驚くような経済の豊かさと共有を達成した。」と評価している。南米大陸の小規模経済である国は隣国よりも優れた成長を見せている。 その安定した成長は、World Trade Centerが建つ首都アスンシオン市に反映されている。同建物は2015年にオープンし、全面積3万平方メートル、4つのタワーがそびえ立ち、現在は3000人以上が勤めている。…

チリ:Onemi、現段階の森林火災統計を発表

全国緊急サービス(Onemi)の新たな調査報告によると、合計75ヶ所の森林火災のうち、20ヶ所は現在も活発化しており、35ヶ所がコントロール済み、20ヶ所が消火された。 火災の被災者は92人、54家屋が焼失し、死者3名、負傷者37名となっている。 最も規模の大きい火災はラ・アラウカニア地方とロス・ラゴス地方であり、フラテウフ自治区とアイセン自治区で発生している。…

ボリビア:リチウムプロジェクト投資金額2億3000万ドル〜中国企業をパートナーに選択

ボリビアの「白い金」プロジェクトでは、3箇所の塩湖(コイパサ、オルロ、ポトシ)に少なくとも8箇所の製造プラント建設が検討されている。 プロジェクトには約2億3000万ドルが投資される予定で、ボリビア政府のYLBは、中国企業Xinjiang Tbea Groupを戦略的パートナーとして選択し、América Baocheng Desarrollo y Tecnología del Salarと同盟を結んだと発表した。…

チリ:2018年観光統計、前年比11%減少

2017年には歴史上最も多い観光客数を迎えたチリ、2018年はその逆の結果となった。チリの観光業界の大半はアルゼンチンからの観光客に頼っており、2018年には同国からの訪問人数が25%減少した。それでも全体の43%を占めている。 2018年11月と12月にチリ国内を訪れた観光客は570万人で2017年の640万人よりも11%…