ブラウジングタグ

南米チリ

チリ:Ley Cholitoの施行で無登録ペット(犬、猫)は罰金対象に〜登録方法

昨日施行された動物保護法のLey Cholito、実際に登録されたペット(犬、猫)数が本日発表された。 登録された犬数は220.952匹、猫数は47.127匹で全体数の僅か5,27%でしかない。チリ国内全体でペットと野良を合わせると約5.082.560匹の犬と猫が存在すると推測されている。 登録数が少ない理由として、インターネットで登録する場合には登記所(Registro Civil)でClave…

チリ:年に一回の通行許可証更新時期〜未払い罰金の確認を

チリでは年に一回の乗用車、オートバイクの通行許可証の更新が義務づけられています。そのために必要な書類と手続きは以下の通りです。 更新の手続き期間:2月1日から3月31日迄(普通乗用車やオートバイク)。 手続き場所: 居住地の市役所または区役所のホームページで確認。 必要事項:乗り物の状態を示すテクニカルチェックの証明書(revisión técnica…

チリ:2018年観光統計、前年比11%減少

2017年には歴史上最も多い観光客数を迎えたチリ、2018年はその逆の結果となった。チリの観光業界の大半はアルゼンチンからの観光客に頼っており、2018年には同国からの訪問人数が25%減少した。それでも全体の43%を占めている。 2018年11月と12月にチリ国内を訪れた観光客は570万人で2017年の640万人よりも11%…

チリ人女性、災害後に世界中で使える安否確認アプリを開発

自然災害が多いチリ、そのような状況下における解決策の模索は起業家やイノベーション分野での挑戦に繋がっている。フェデリコ・サンタマリア大学(USM)の情報科学エンジニアのバルバリタ・ララは災害後にWi-Fiや電話信号無しに安否確認を行えるシステムを開発した。 災害時には、迅速、必要、信頼性のある情報を得る事が命を救うために不可欠であり、2010年のチリ地震では津波警報が正しく通知されず156人が命を落としている。 当時を振り返りララは、…

バチェレ大統領訪日〜日本とチリの新たな協力戦略

23日金曜日、チリのバチェレ大統領は日本の安部総理と会談し、両国関係を更に良好にするための調印式が取り行われる。 その内容の一つが、Japan-Chile Partnership Programmeの更新であり、これは1999年に導入された技術移転協力メカニズムで、例えば「キズナプロジェクト」と名付けられラテンアメリカとカリブ地域の災害リスク軽減のための専門家の養成などが含められる。…

チリ:ミシェル・バチェレ大統領、任期最後の日本訪問へ〜TPPについての話し合い

チリのミシェル・バチェレ大統領が今週日本を訪問する。滞在日数は5日間で環太平洋パートナーシップ協定(TPP)についての話し合いがメインとなり、天皇陛下と安倍総理との会談予定されている。 3月8日のチリでのTPPの署名を控え、ニュージーランドのアルデン首相が今週21日水曜日にTPPの署名内容に関する紹介を行うと発表した。同日、TPPの協定内容が書面で公表される。…

チリ、ビーニャ・デルマールの美味しいスポット「Mosto & Miga Restobar」

「Mosto & Miga Restobar」 先月オープンしたばかりの、地ビールと手作りメニューのレストランバーです。 小さい子供を連れて行きやすい場所を見つけるのが簡単ではないビニャデルマルで、発見した居心地の良い場所。 スタッフも子供好きで、1歳児動き盛りの息子を含めた3人を甲斐甲斐しく相手してくれました。…