ブラウジングタグ

南米

メキシコから日本へ〜NissanメキシコCEOのMayra González

NissanメキシコのCEOであるMayra Gonzálezが、Nissan Motorのグローバルセールス部長に任命され来日する事が発表された。 Gonzálezは過去50年間で初めてCEOに就任した女性であり、Nissan Mexicoに23年間に渡って務めている。CEOに就任したのは3年前の事だ。 新たなNissan MexicoのCEOとして、DatsunのグローバルリーダーであるJosé…

南米:7月2日皆既日食

皆既日食の観察を目指して続々と観光客が訪れ始めているアルゼンチンとチリ、今回皆既日食が目撃できる南米の2カ国です。 その他、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイ、コロンビア一部地域、ブラジル、ベネズエラとパナマでも部分日食が観察できます。     観測地では、宿泊料金が通常よりも高額になり、中には2年前から予約していた地元の人が観光客が支払う高額料金を優先され一方的に予約をキャンセルされたという話も出ています。…

積極的に子育て参加するなら海外が良い

こんにちは、マサヤです。 たまに自分が日本で生活をしていたらどのような生活を送っているのだろう?なんてことを考えます。というのも、僕は「積極的に子育てに参加するなら海外が良い」と思っているからです。これはチリにいる多くの日本人駐在員の方も同じような感覚をお持ちではないでしょうか。僕の場合は国際結婚 x 現地採用なので、日本人家族のみなさんよりも少しだけ環境が異なりますが、海外で子育てを勧める理由を2つ考えたいと思います。 海外での子育てを勧める理由

南米でアイスクリーム消費量が最も高い国は?

Euromonitor International が行なったアイスクリーム業界に関する調査で、チリアイスクリーム業界の2015年の売り上げが7億ドル、単純計算で国民一人当たり年間35,000ペソをアイスクリームに消費している事が明らかになった。 量でみると一人当たり8リットル、近隣諸国よりも多い。例えば、ウルグアイの国民一人当たり年間消費量は3,7リットル、アルゼンチンが2,7リットル、ブラジルは2,1リットル、コロンビアは1,9リットルとなっている。…

南米:2020年コパ・アメリカ大会〜2カ国間開催決定

本日、南米サッカー連盟Conmebolによって2020年のコパ・アメリカ大会がアルゼンチンとコロンビアの2カ国間で開催される事が正式に決定したと発表された。 「ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会として世界最古であるコパ・アメリカの2020年度開催国が決定した。開催地はアルゼンチンとコロンビアの2箇所であり、グループチームは南部と北部でそれぞれ6チームづつに分けられる。」…

世界で最も高額なサッカープレイヤーTop10〜南米出身者多数

世界で最も高額なサッカープレイヤーTop10が発表された。 その内南米出身者は、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、リオネール・メッシ(アルゼンチン)、エセキエル・ラベッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)、フィリップ・コウティニョ(ブラジル)、アレクシス・サンチェス(チリ)で、総勢6名がTop10入りしている。 それぞれの契約金額は以下の通り: 1位 リオネール・メッシ(所属チーム バルセロナ)   1億3000万ユーロ 2位 …

ミス・ペルー〜泥酔ビデオ流出で冠を剥奪される

ペルー人モデルでミス・ペルー2019に選ばれたAnyella Gradosがパーティーで泥酔し、嘔吐しているビデオが流出しバイラル化していた。 処分が検討されていたが、先週、冠を剥奪したとミス・ペルー開催者側が発表した。 「今回決定となった唯一の理由は名声を守ることです。」 元ミス・ペルーAnyella Gradosのビデオを流出させたのは、ミス・ペルー・ティーンのCamila…

南米のバーベキュー「アサード」〜パラグアイが頂点に!!

メキシコのプエブラで開催された「Asado Latin Fest」に、「アサドレス」と呼ばれるアサードの調理を専門とするパラグアイ人10人がAチームとBチームに別れて参加した。 その結果、パラグアイBチームが優勝しAチームは3位に輝いた。2位にはコスタリカとメキシコの合同チーム「チャヌクア」が選ばれた。 Asado Latin…

チリ:イキケでデング熱を媒介する種類の蚊を確認

今までチリ本土では生息が確認されていない蚊Aedes aegyptiが、チリ北部イキケで初めて確認されたと公衆衛生研究所(ISP)が報告を行った。 この種類の蚊は、デング熱、黄熱病、ジカ熱、チクングニア熱の病原菌を媒介し、人に感染させる事で知られている。今回の蚊は3月21日に女性刑務所で確認され、直ちに管理体制が取られた。 発見された蚊の幼虫は、調査の為に公衆衛生研究所に運ばれた。調査の結果、Aedes…

OASアメリカ大陸麻薬摂取調査2019の結果〜チリの高校生が上位

米州機構(OAS)が行った最新の「2019年アメリカ大陸における麻薬摂取に関する調査」によって、調査対象国32カ国中チリの高校生の摂取・使用の多さが明らかとなった。 El Mercurio新聞に掲載された内容によるとチリの高校生の喫煙率は24%で、アルゼンチン、メキシコとボリビアの15%を上回っている。 マリファナの場合は、チリの若者の30%が試した事があると答え、アンティグア・バーブーダの25%弱、米国の約23%を超えている。コカインの場合は約4%となっている。…