Browsing Tag

南米

チリ中央銀行:3月の経済活動月次インデックスを発表

チリ中央銀行の発表では、3月の経済活動月次インデックス(Imacec)は昨年同月と比較して4,6%上昇している。 季節修正済みのシリーズは前月に比べ0,5%成長し、12ヶ月間で6,1%上昇した。昨年の3月よりも営業日は2日少なかった。 鉱山業界の経済活動月次インデックスは31,7%上昇し、鉱山業界以外の上昇は2,9%だった。後者はサービス業と商業活動の増加によるものである。…

ペルー:女性の数学オリンピックで金メダルを獲得

ペルーの女子高校生モニカ・マルティネス・サンチェス(16歳)がイタリアのフロレンシアで開催された女性の数学オリンピックで金メダルを獲得した。ペルーの参加は今回が初めてであった。 50カ国以上の高校生が参加した、今回の大会のラテンアメリカ出身者は彼女1人だけであった。現在サコ・オリベロス高校の高等部で、同高校の才能プログラムに所属している。 このプログラムは、国際的な数学コンテストに向けて学生を指導、応援し、優秀な結果を残す事を目的としている。…

米州首脳会議ペルーで開催中〜議論の内容は

4月13日と14日にペルーで米州首脳会議が開催され、リマ市とカヤオ市は同2日間祝日となっている。 米州の独立国34カ国の代表者が集合し大陸に関係する議論や協定の策定が行われる、米州でもっとも大きな会合である。 今回の主なテーマには、開催国ペルーの大統領が辞任に追い込まれ、ブラジル前大統領が逮捕された、南米全体に広がる政治家の「汚職問題」が盛り込まれている。…

チリ:2018年最低賃金の値上げ予想

最低賃金はいくら値上がりするのか? 中央銀行は2018年のチリ経済は3%から4%成長すると予測する。この数値を基礎に国内総生産の増加傾向は約3%から3,5%で、仕事の生産性は1%から1,5%成長すると見られている。 年間平均の最低賃金の上昇はそれに相対する。 エコノミストのトマス・フロレス氏は、今年の7月1日に最低賃金の再調整が行われ、その割合は約1,8%になると予測する。…

World Happiness Report 2017、南米の国々のランキングは!?

2017年幸福度ランキングが発表された。155カ国が調査対象となり、最下位には中央アフリカ共和国、ブルンジ、タンザニア、シリア、ルワンダの国々がランクインしている。 南米の国々では、上位がチリ(20位)、ブラジル(22位)、アルゼンチン(24位)、ウルグアイ(28位)、コロンビア(36位)、エクアドル(44位)、ボリビア(58位)、ペルー63位、パラグアイ(70位)、ベネズエラ(82位)という結果で、チリが南米上位となった。…

チリ人ダニエラ・ベガ、初のトランセクシュアル女優としてオスカー賞の歴史に刻まれる

チリ人でトランセクシュアル女優として知られるダニエラ・ベガが、オスカー賞初のトランセクシュアル女優として主演映画『ファンタスティックウーマン(邦名ナチュラルウーマン)』で外国語映画賞を受賞した。 14歳で男子の身体に別れを告げ、女子としての人生を歩み始めた。歌手を目指すか女優を目指すか光は見えず、芸術の世界に入る可能性ももっていなかった。 …

アルゼンチン:料金の値上げと消費への影響

アルゼンチン政府に掛かる重さは、インフレを押さえる為の給与交渉だけではない。昨年の12月に開始した基本サービスの値上がりは、今月40%まで上昇している業界もあり、値上げを年間15%までに押さえるという目標は不可能のように見える。この状態は、消費とラテンアメリカ3位の経済大国の回復を脅かす恐れがある。 昨日、アルゼンチン国営水道局(Agua y Saneamientos…

アルゼンチン:「Glovo(グロボー)」 サービス広まる

Glovo(グローボ)は、アプリを利用して商品の買い物、受け取りや発送が同市内ならば、その場で、分単位内に出来るサービスシステムである。今回アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで導入された。 南米でこのシステムが導入されるのは、チリのサンティアゴ市、ペルーのリマ市に続いて3都市目となる。約170箇所との提携が行われ、その中には、知名度の高いBurger Joint、La CarboneraとLoving Hutも含まれる。…

日本・チリ、Washingtonを含めるためのTPP再交渉を拒絶

ドナルド・トランプ氏の発言を気にせず:現段階では、米国は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から外れ、チリを含む残り11カ国は、貿易統合メカニズムの新バージョンの協定を結ぶ。 26日金曜日、環太平洋ブロックの経済大国であり世界3位の日本は、協定内容の再交渉は可能ではなく、現在取り決められているように署名されると発表した。 ダボスでのトランプ米国大統領の、「全ての参加国の利益になる」ことを前提に米国の再加盟を検討するという発言に対して、反発する形の表明となった。…

ブラジル:汚職批准後、ルーラ元大統領に残させている選択肢

ブラジル前大統領ルイス・イグナシオ・ルーラ・ダ・シルバが今期大統領選挙から除外される可能性が浮上した。第4地域ポルト・アレグレの連邦地方裁判所が2審での受動的腐敗とマネーロンダリングの判決確定を行なった。 ポルト・アレグレ連邦地方裁判所の3人の裁判官は、ルーラの判決を留める事で一致した。国営管理下石油会社ペトロブラスとの契約の引き換えにOAS会社から賄賂を受け取ったとして、2017年7月にルーラは9年半の実刑判決を受けている。 …