ブラウジングタグ

古生物学公園

チリ北部:ロス・デドス古生物学公園

チリ北部アタカマ州カルデラ自治区にあるロス・デドス古生物学公園は、良質の保存状態と量からしてチリ国内で最も重要な化石鉱床の1つであり、約370,9ヘクタールが保護区となっている。運営はカルデラ市役所によって行われ法令17,288によって国定記念物に指定されている。 今までに発見されている化石は、クジラ、マッコウクジラ、ペンギン、アザラシ、アシカ、ワニ、イルカ、魚、巨大ザメ、ナマケモノ、鳥類などがある。 ロス・デドス古生物学公園はカルデラ自治区の12km.…