ブラウジングタグ

大地震

チリ・バルディビア1960年、世界で最も大きい地震M9.5の証言

1960年5月22日、歴史上世界で最も大きい地震M9,5がチリのバルディビアで起きました。死者2500名、タルカからチロエまで揺れは感じられ、海岸線を津波が襲いました。 その日は快晴で、長い雨が上がった喜びにJaime Sotomayorは自転車にまたがりSaval公園に向かいました。Pedro de Valdivia橋を渡ろうとした時、身体が飛び跳ねました。…