Browsing Tag

政治

コロンビア:ベネズエラとの国境の街に米国からの人的支援が到着

2月16日土曜日、米国の2回目となる人的支援物資を米軍がコロンビアのククタに輸送した。ベネズエラとの国境地帯であるティエンディタス橋の倉庫が物資の保管センターの役割を担っている。 支援物資は主に緊急用食品と薬品であり、特に困窮した生活を送っているベネズエラ市民に配布される予定となっている。 https://www.latercera.com/la-tercera-tv/noticia/video-ayuda-humanitaria-venezuela/529855/…

ベネズエラ:人的支援流入を止める為に受刑者を派遣

ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロは、暫定大統領フアン・グアイドが求めた人道援助の国内への流入を防ぐ為にコロンビアとの国境であるティエンディタス2カ国間橋に、バリケードとして受刑者40名を派遣した。 受刑者達はタチラ州のサンタ・アナ刑務所に服役中で、今回の派遣に関してはベネズエラ裁判所が承認したのかは明らかにはされていない。 受刑者達がどのような方法でバリケードとなるのか、武器を所有するのか明確になっていない。マドゥロ大統領に対する批判は増加している。…

チリ〜経済危機や暴力から逃れる人々が目指す国

仕事のチャンスとより良い生活条件に惹かれ、チリを目指す移民は年々増加している。「私の目標は、より良い生活と収入を手にする事。」と、2018年3月にチリにやってきたボリビア人のパメラは言った。 2018年の調査によるとチリに居住する移民の数は37万人で、その多くがペルー、アルゼンチン、ボリビア、コロンビアとハイチ出身者となっている。1990年の18万4464人と比べると倍になっており、チリ全人口の2,08%を占めている。公共医療や鉱山業界の担い手だ。…

ベネズエラ暫定大統領、メキシコのAMLO大統領に支援を要求 

今回のベネズエラ問題において、南米で数少ない中立な立場をとっているメキシコ。それに対してベネズエラ暫定大統領のグアイド氏は、「民主主義を求める声に連なるように」と要求している。 しかし、メキシコのAMLO大統領は、「他国の問題には関わらない」という姿勢を変えない意思表示を明確にしている。 「我々の外交官に対する指示は、我々の問題に対して他の国が関与しようとしないためにも、他の国の問題に対して慎重である事。」…

ベネズエラ:暫定大統領フアン・グアイド氏〜法的支援とその目的

1月23日、カラカスの街を埋め尽くす数千人の反政府抗議者達の前で、ベネズエラ国会議長のフアン・グアイド氏は「暫定大統領」としての就任を宣言した。 目的として、「1月10日に第2期に就任したマドゥロ大統領への辞任の強制」を掲げている。米国、ブラジル、パラグアイ、ペルー、カナダ、チリとOEAは35歳のグアイド氏を暫定大統領として承認している。…

コロンビア:歴史上初の自爆テロであった可能性〜民族解放軍の関与を確認

コロンビア防衛省大臣は、昨日17日木曜日の首都ボゴタの警察学校でのテロ行為に民族解放軍(ELN)が関与している確認が取れたと発表した。 テロ行為による死亡者は犯人を含めて21名で、不本意な状況で命を落とした20名の警察関係者と家族に対して国中が悲しみに包まれている。…

ウルグアイ:大麻合法化によって麻薬密売組織の売り上げ2200万ドル減少

大麻規制管理協会(IRCCA)は、2013年ムヒカ政権によって大麻を管理する法令が導入されてからウルグアイの麻薬密売組織は約2200万ドルの損をしていると調査報告した。 薬用目的以外の大麻の使用に対する合法な購入ルートは個人栽培、個人経営クラブ、登録薬局となっており、違法販売を行なっている闇ルートを無くし明るい所で販売場所を特定、管理する事を目的としている。…

ホンジュラス:移民キャラバン第2団〜国境警備を強化

先日月曜日に移動を始めた移民キャラバン第2団の出国管理のために、ホンジュラス政府は、グアテマラとエルサルバドルとの国境警備を54箇所に渡って強化した。 この状況を前に、数千の移住希望者は同国のフアン・オルランド・エルナンデス政権の新たな半移住政策に対して反対を訴えている。 新たな決まりとして、未成年者と共に出国する者にたいしてパスポートの提示が設けられた。ホンジュラスでは、成人年齢が21歳に定められている。…

ベネズエラ:2018年度のインフレの記録〜150万%を超える

2018年のベネズエラのインフレが1.698.488%を記録したと野党側が発表。与党側は3年間に渡って同様のデータ公表を行なっていない。 昨年12月のインフレ率は141,75%上昇した。5年間に渡るベネズエラのインフレ問題によって、生活日用品や医薬品が不足、昨年は300万人が近隣諸国に助けを求めて国を離れた。 このままだと2019年には500万人が国を後にすると国連は警鐘を鳴らしている。…

ボルソナロ大統領、ブラジルが国連の移住協定から離れると表明

1月1日、ブラジルの大統領に就任したジャイル・ボルソナルは、今週水曜日米国の書記官にブラジルが国連の移住協定から離れると報告した。 先月、安全で整理された正規の移住のための世界協定が国連会議で認証され、152カ国が賛同し当時のブラジル大統領ミシェル・テメルは自国の協定加入を承認していた。…