Browsing Tag

暮らし

チリ・バルパライソ日系人協会〜文化・マンガ学習館『彩』子供の日行事

5月5日、曇り空と冷えた空気の沿岸部バルパライソ市ビニャデルマールの国営植物園で「子供の日」が開催されました。 同植物園内には、日智商工会議所の援助とバルパライソ日系人協会によって開設されたチリ初の「文化・マンガ学習館「彩」」 が併設されています。 「文化・マンガ学習館「彩」」 の開会式の様子。…

チリ:首都サンティアゴの車両制限開始

冬が近くなり、チリの首都サンティアゴの大気汚染を軽減する対策として、三元触媒モーターの車両に対する平日の交通制限が始まる。制限は5月2日から8月31日まで行われる。 2011年9月以前に登録された車両が対象となり、2週間に1度の感覚で交通が制限される。 車両制限を守らない場合の罰金は1UTM(46.700チリペソ)から1,5UTM(70.050チリペソ)に設定されている。…

チリ:共存方法令〜自転車と乗用車に対する新たな決まり事

新たな「共存方法令」によって、数ヶ月後には自転車利用者と乗用車に対する新ルールが課せられると、交通安全員会によって発表された。 新たな法令の目的は、歩道や道路における交通事故を減少する事であり、自転車の歩道利用の取り締まりが始まる。 自転車だけではなく、キックスケーター、スケートボード、ローラーブレード等、小型の移動手段も専用のバイクウェイ又は道路を利用する事が義務付けられる。 道路でクルマが自転車を追い抜く場合には、幅1.5mの距離を置く事も決められている。…

メキシコ:2017年の国民の購買力、2,5%減少

メキシコで、前年と同じ生活用品を購入する為の収入が追いついていない。Conevalの調査結果によると購買力は2,5%下落し、国民の41%の収入はマーケット・バスケット(乳製品、肉類、卵、豆類、穀類、砂糖、油脂、野菜、果物、その他)よりも低い。 主にメキシコの貧困を計測するConeval(国家社会開発政策評議会)は、この現象をメキシコ国民の収入の減少と最後の月々のインフレに原因があると考える。…

アルゼンチン:「Glovo(グロボー)」 サービス広まる

Glovo(グローボ)は、アプリを利用して商品の買い物、受け取りや発送が同市内ならば、その場で、分単位内に出来るサービスシステムである。今回アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで導入された。 南米でこのシステムが導入されるのは、チリのサンティアゴ市、ペルーのリマ市に続いて3都市目となる。約170箇所との提携が行われ、その中には、知名度の高いBurger Joint、La CarboneraとLoving Hutも含まれる。…

写真:空から見る不均等−メキシコシティー

El proyecto del fotógrafo 写真家Jhonny Millerのプロジェクト「不均等な舞台」は、経済と社会のコントラストを空から捉えます。これらの写真は大都市メキシコの格差を空から写し出しています。 サンタフェ地区、メキシコの生活水準の大きな格差を映し出す。 超高層ビルと薄い仕切りの家群が対比するサンタフェ地区。 建築途中の家々が数多く見られる地区と、高い生活水準の邸宅。…