ブラウジングタグ

暴動

南米チリ:地下鉄運賃4.5円値上から始まったチリの暴動と非常事態宣言について

大手メディアで見られるように、チリは非常事態となっている。たった4.5円の地下鉄運賃値上で3日間で国が内戦寸前状態となっている。 この暴動を行なっているのは誰なのか、なぜ許されないような暴力や略奪の行動に走ってしまうのか。 みんな犯罪グループで右翼対左翼の暴動だと簡単な評価で留めてしまうこともできるが、そうするとこの大きな問題の本質には辿り着けない。 問題は何なのか。それは世界各国で起きている似たような出来事が教えてくれる。

ブラジル-ベネズエラ国境地帯〜市民の怒り爆発、移民との衝突

ブラジル公安省は、ベネズエラとの国境の自治体パカライマに軍隊を派遣する事を検討していると発表した。 ロライマ州の北西に位置する自治体パカライマはベネズエラとの重要な国境地帯であり、近年のベネズエラの政治・経済問題で数千人のベネズエラ国民が国境を渡っている。 18日土曜日には、4人のベネズエラ人によるブラジル人商人への窃盗、突き刺した暴行事件を発端に、地元住民の怒りが爆発、地域のベネズエラ移民に対しての投石、キャンプ場と所持品を燃やす暴動が発生した。…

パラグアイ、暴力的政治危機に浸かる

南米で最も長い軍部独裁政治からパラグアイが民主主義に変わったのは1992年のことです。そして今、新たな政治危機に突入しています。 Horacio Cartes 現大統領が2018年に再度選挙に立候補できるための憲法改正が国会で承認された3月31日金曜日。パラグアイの首都アスンシオンを中心に反対する人々のマニフェストが暴動化し、25歳の若者が警察の銃によって命を落としました。…