Browsing Tag

森林火災

チリ:アラウカニア地方の森林火災〜死者2名、被災者121名

先週から今週にかけて、チリ中部地方と南部地方で多数の火災が発生し現在21ヶ所中の15ヶ所の消火活動が行われている。 https://twitter.com/i/status/1092226653818945537 先住民マプチェ族が守り神聖と崇められている原生林が残るアラウカニア地方では、火災による死者が2名、被災者が121人にのぼっている。政府は赤警報を発令した。…

ビニャ・デル・マル、ラス・パルマスの森林火災400ヘクタール、16軒消失

13日月曜日、火の勢いは抑制され現時点でこれ以上広がる恐れはないと発表がありました。 消化活動に当たる車の運行を良くするために、ビニャ・デル・マルの公立・私立全ての教育機関は臨時休校となりました。 国内森林協会Conafの統計によると、ビニャ・デル・マルのラス・パルマスで日曜日に発生した森林火災は約400ヘクタールをのみこみ、フェリペ・カミロアガ地区とサン・エクスペディト地区の計16棟を消失しました。…

ラス・パルマスで新たな森林火災発生、広範囲で停電

本日発生したラス・パルマスの森林火災によって、バルパライソとビニャ・デル・マルの一部の地域が停電になっています。 バルパライソの市長、ホルヘ・シャープ氏は、予防措置として3社の電力会社が電力供給をストップしていると説明しました。 火事が発生している地域には、電力会社チルキンタの高圧電線が配線されており、アルガロボとカサブランカ地域を含む、約11万3千世帯が停電の影響を受けています。…

チリ、プマンケの森林火災、電力会社の過失を捜査

オヒギンズ地方の検察官 Emiliano Ariasはプマンケ森林火災の発生原因として電力会社の過失を調査している。今回の火災は過去50年間で最も破壊的でありNilahue Barahona地区で始まると、その後、MarchigüeとPichilemuまで広がり、すでに3万8千ヘクタールが焼けてしまった。 La Tercera新聞によると、この大火災の発生原因と考えられる証言を行なった証人が現れた。 証人はこの地区の住人で、警察に次のように報告を行なった。…

チリ、36カ所の火災、現在も進行

Onemiの報告によると、現在も国内の36カ所の火災が活動的でありオヒギンズ地方だけで622人が避難対象となり、458人が避難所に身を寄せている。 "Nilahue Baraona"火災はオヒギンズ地方、プマンケ地区の38.293ヘクタールを焼失、火災が発生しているバルパライソ地方、メトロポリタン地方、オヒギンズ地方、マウレ地方、ビオビオ地方、アラウカニア地方、ロス・ラゴス地方を合わせると87.464ヘクタールの林や森が燃えた。…