Browsing Tag

移住

ベネズエラ:2018年度のインフレの記録〜150万%を超える

2018年のベネズエラのインフレが1.698.488%を記録したと野党側が発表。与党側は3年間に渡って同様のデータ公表を行なっていない。 昨年12月のインフレ率は141,75%上昇した。5年間に渡るベネズエラのインフレ問題によって、生活日用品や医薬品が不足、昨年は300万人が近隣諸国に助けを求めて国を離れた。 このままだと2019年には500万人が国を後にすると国連は警鐘を鳴らしている。…

ボルソナロ大統領、ブラジルが国連の移住協定から離れると表明

1月1日、ブラジルの大統領に就任したジャイル・ボルソナルは、今週水曜日米国の書記官にブラジルが国連の移住協定から離れると報告した。 先月、安全で整理された正規の移住のための世界協定が国連会議で認証され、152カ国が賛同し当時のブラジル大統領ミシェル・テメルは自国の協定加入を承認していた。…

チリ移住者〜国勢調査2017の抜粋

昨年2017年に行われた国勢調査の内訳の発表が行われた。その発表では、チリに移住している人々の方がチリ国内で生まれた人々よりも就学期間が1,6年長いことが強調された。 国勢調査に参加した移住者は746.465人で、出生地を申告している全体数の4,4%に値する。チリ国民世帯の6.6%が、少なくても1名の海外出身者で構成されている。 以下の数値は11月28日に国内統計施設(INE)が発表したものである。 …

UNICEF警告!中米移民キャラバン〜子供達の心理的状況 

11月7日、UNICEFは、突然の移住によって厳しい道のりに引きずり込まれた中米移民キャラバンに参加している子供達の「複合的なトラウマ」、心理的なインパクトに対する警告を行った。 「キャラバンの子供達は人道的危機を経験している。身体的な影響が出る前に国連や非営利団体の介入が必要となっている。又、心理的な健康への影響が短期的、長期的に発生する可能性もある。」…

チリ:国内の移住者34%を商業と観光業が雇用

近年のチリにおける移民の増加数は歴史上最も活発であり、雇用の面でも外国人が目立つ業界がはっきりしてきています。 国内商工会議所の調査会が行なった調査結果では、移住者雇用がもっとも目立つのは商業界と観光業界となっています。 チリ国内の移住者34.3%がこの2つの業界に集中し、現在64.232人が雇用されています。チリ全土の全業界の全雇用者820万人中、チリ人ではないと答えた人は18万7千人に上り、2.3%を外国人が占めています。…