ブラウジングタグ

経済

メキシコ:年初めの2ヶ月間、過去最悪の殺人事件数を記録

メキシコ国家公安システム事務局(SESNSP)は、2019年1月と2月の殺人事件発生数が約6000件で、過去最最高数であると報告した。 計5803人が殺害されており、昨年の同時期よりも13%増えている。特に2月の数値は20年間で最も高くなっている。 政府の調査では殺人事件の被害者数は4622人であり、SESNSPの調査結果よりも1181人少ない。誤差には、調査に用いた情報や記録の出所の違いが影響している。…

チリ物理学者、地震と磁場の重要な関係性を発見〜半世紀に渡る研究

約50年間に渡る研究と観察の結果、「磁場の変化と地震の発生率に関する関係性を確認できた」と、チリ大学理数学部物理学科のエンリケ・コルダロ(Enrique Cordaro)博士とチームが発表した。 専門誌Advances in Space Researchに掲載された論文には、両方の関係性が以下のように記されている。 「南米地帯の地球の磁場は、大地震の前にはかなり変化している。」 「この地帯の磁場は、地球上の他の地帯の磁場と比べると弱まっている。」…

ベネズエラ:深刻化する大規模停電、断水、食料不足

6日目となる停電による断水と食料不足に苦しむベネズエラ国民は、新たな苦しみの中にいる。 カラカスでは、約2000人の反政府派の人達の前で国際社会からの承認を得ている自称暫定大統領のグアイド氏が、「権力の侵害は終わりに近づいており、ベネズエラが暗闇から抜け出す日はもうすぐだ、自分達を信じてほしい」と演説している。 「仕事に取り掛かるためにには事務所が必要だ、だから近く私の事務所であるミラフロレスに出向かう。」と、政府官邸について触れた。…

パラグアイ経済、目も眩むようなスピードで成長

世界銀行はパラグアイ経済について、「過去15年間で驚くような経済の豊かさと共有を達成した。」と評価している。南米大陸の小規模経済である国は隣国よりも優れた成長を見せている。 その安定した成長は、World Trade Centerが建つ首都アスンシオン市に反映されている。同建物は2015年にオープンし、全面積3万平方メートル、4つのタワーがそびえ立ち、現在は3000人以上が勤めている。…

ペルー:日本企業Earth Corporation〜リマ商工会議所で汚泥処理設備について発表

去る1月24日、リマ商工会議所(CCL)にて、有機化合物・無機化合物汚泥や廃棄物のプロセスとリサイクルを専門とするEarth Corporationが主催する工業廃棄汚泥処理に関するセミナーが開催された。 リマ商工会議所の環境と企業委員会委員長のホルへ・ペレス氏は、ペルーにおける環境管理の重要性を述べながら歓迎の挨拶を行なった。 JICA(国際協力機構)を介して日本政府が行っている海外における開発援助プロジェクトの一環としてEarth…

チリ〜経済危機や暴力から逃れる人々が目指す国

仕事のチャンスとより良い生活条件に惹かれ、チリを目指す移民は年々増加している。「私の目標は、より良い生活と収入を手にする事。」と、2018年3月にチリにやってきたボリビア人のパメラは言った。 2018年の調査によるとチリに居住する移民の数は37万人で、その多くがペルー、アルゼンチン、ボリビア、コロンビアとハイチ出身者となっている。1990年の18万4464人と比べると倍になっており、チリ全人口の2,08%を占めている。公共医療や鉱山業界の担い手だ。…

ウルグアイ:大麻合法化によって麻薬密売組織の売り上げ2200万ドル減少

大麻規制管理協会(IRCCA)は、2013年ムヒカ政権によって大麻を管理する法令が導入されてからウルグアイの麻薬密売組織は約2200万ドルの損をしていると調査報告した。 薬用目的以外の大麻の使用に対する合法な購入ルートは個人栽培、個人経営クラブ、登録薬局となっており、違法販売を行なっている闇ルートを無くし明るい所で販売場所を特定、管理する事を目的としている。…

チリ:バンコ・エスタド銀行〜ルット口座の手数料が下がる

昨年の12月からバンコ・エスタド(Banco Estado)銀行の5カ所の支店でトライヤルされていたルット口座(CuentaRut)の新手数料、今後数ヶ月間の期間内に全支店での変更が行われる。 この変更によって、バンコ・エスタド銀行の窓口、ATMとカハ・ベシナ(CajaVecina)の利用率を向上させる目的がある。…

ベネズエラ:2018年度のインフレの記録〜150万%を超える

2018年のベネズエラのインフレが1.698.488%を記録したと野党側が発表。与党側は3年間に渡って同様のデータ公表を行なっていない。 昨年12月のインフレ率は141,75%上昇した。5年間に渡るベネズエラのインフレ問題によって、生活日用品や医薬品が不足、昨年は300万人が近隣諸国に助けを求めて国を離れた。 このままだと2019年には500万人が国を後にすると国連は警鐘を鳴らしている。…

チリ:日本で開催される2019年のG20サミットに参加決定

2019年のG20サミット開催国である日本。今年に続きチリが来年も招致され、参加する事が決定した。 G20のメンバーは、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ、ロシア、サウジアラビア、トルコ、イギリス、米国、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランスとEU連合で構成されている。 2019年のサミットにはオランダ、スペイン、ベトナム、チリとその他の国々が招致されている。…