Browsing Tag

Nambeiconnect

コロンビア:歴史上初の自爆テロであった可能性〜民族解放軍の関与を確認

コロンビア防衛省大臣は、昨日17日木曜日の首都ボゴタの警察学校でのテロ行為に民族解放軍(ELN)が関与している確認が取れたと発表した。 テロ行為による死亡者は犯人を含めて21名で、不本意な状況で命を落とした20名の警察関係者と家族に対して国中が悲しみに包まれている。…

ウルグアイ:大麻合法化によって麻薬密売組織の売り上げ2200万ドル減少

大麻規制管理協会(IRCCA)は、2013年ムヒカ政権によって大麻を管理する法令が導入されてからウルグアイの麻薬密売組織は約2200万ドルの損をしていると調査報告した。 薬用目的以外の大麻の使用に対する合法な購入ルートは個人栽培、個人経営クラブ、登録薬局となっており、違法販売を行なっている闇ルートを無くし明るい所で販売場所を特定、管理する事を目的としている。…

ペルー:下水管破損で汚水まみれになったリマ県サン・フアン・デ・ルリガンチョ地区

去る日曜日、サン・フアン・デ・ルリガンチョ地区の多くの家族は悪夢のような日々を過ごし始めた。上下水道管理会社Sedapalの下水管が破損し、何平方メートルにも渡って道路や家屋が汚水によって浸水した。中には、2階まで汚水まみれとなってしまい、救助ボートによって住民の救出が行われた。 浸水被害を受けた住民は2000人に上っており、火曜日には新たな下水管の破損も確認されている。地区には悪臭が漂い、腸内感染症と呼吸器感染症の蔓延が心配されている。…

ホンジュラス:移民キャラバン第2団〜国境警備を強化

先日月曜日に移動を始めた移民キャラバン第2団の出国管理のために、ホンジュラス政府は、グアテマラとエルサルバドルとの国境警備を54箇所に渡って強化した。 この状況を前に、数千の移住希望者は同国のフアン・オルランド・エルナンデス政権の新たな半移住政策に対して反対を訴えている。 新たな決まりとして、未成年者と共に出国する者にたいしてパスポートの提示が設けられた。ホンジュラスでは、成人年齢が21歳に定められている。…

チリ:サンティアゴの日本庭園が拡張整備され再開園〜利用者のマナーの悪さが話題となる

サンティアゴのメトロポリタン公園、サンクリストバルの丘にある日本庭園が2年の月日をかけて拡張整備され再開園された。太鼓橋や灯篭、水車、水のせせらぎを聴きながら雰囲気を楽しみ瞑想できる空間となっている。 日本の京都や他の庭園を真似て、できるだけ近い形を目指した拡張整備の2年間。再開所式には、心待ちにしていた人々が集まり琴や尺八、太鼓の音色を楽しんだ。…

ラテンアメリカ:「ドラゴンボール超ブロリー」上映〜アクアマン、バンブルビー、スパイダーマンを超えた興行収入

「ドラゴンボール超ブロリー」がラテンアメリカの映画館で上映され、大成功を収めている。悟空とその仲間達は、アクアマン、バンブルビー、スパイダーマンを抑えて興行収入を伸ばしている。 上映された最初の週には2000万ドルの売上を達成、メキシコだけでも興行収入は650万ドルに到達した。ラテンアメリカでの上映以前の興行収入は3320万ドルであり、今回の売上金額から同大陸での人気が明らかになる。…

チリ:バンコ・エスタド銀行〜ルット口座の手数料が下がる

昨年の12月からバンコ・エスタド(Banco Estado)銀行の5カ所の支店でトライヤルされていたルット口座(CuentaRut)の新手数料、今後数ヶ月間の期間内に全支店での変更が行われる。 この変更によって、バンコ・エスタド銀行の窓口、ATMとカハ・ベシナ(CajaVecina)の利用率を向上させる目的がある。…

ベネズエラ:2018年度のインフレの記録〜150万%を超える

2018年のベネズエラのインフレが1.698.488%を記録したと野党側が発表。与党側は3年間に渡って同様のデータ公表を行なっていない。 昨年12月のインフレ率は141,75%上昇した。5年間に渡るベネズエラのインフレ問題によって、生活日用品や医薬品が不足、昨年は300万人が近隣諸国に助けを求めて国を離れた。 このままだと2019年には500万人が国を後にすると国連は警鐘を鳴らしている。…

チリ・輸入感染による麻疹患者増加〜1995年から1999年生まれに予防接種呼びかけ

チリ厚生省(Minsal)は、国内の輸入感染による麻疹感染者の増加を前に、1995年から1999年生まれの人々に向けて麻疹の予防接種を呼びかけている。 1月4日金曜日までに、23症例(男性12人、女性11人)が公衆衛生研究所によって確認されている。この状況を踏まえてチリ厚生省は、麻疹・風疹・耳下腺炎の予防接種を20歳から24歳11ヵ月29日の層に補強する決断を下した。目標人数は100万人に設定されている。…

注意!!チリ・サンティアゴ Vicuña Mackennaのバス停で爆発発生

1月4日、人が賑わう午前11:45分のサンティアゴ公共交通網(バス・メトロ)Transantiago のバス停で不審な装置による爆発が発生した。怪我人の人数は5人に上っている。 爆発が起きたTransantiagoのバス停は、Hospital del Trabajador前のVicuña Mackenna とFrancisco Bilbaoで人通りでにぎわう場所にある。…