Browsing Tag

Nambeinews

メキシコ:ティファナで中米移民反対運動

既に3000人の中米移民が到着しているメキシコ・ティファナで、治安の悪化を恐れたメキシコ市民による抗議集会が18日、日曜日に行われた。 「移民は出て行け、我々が先だ!我々は自分達の旗を守る、侵入者反対。」などと叫び、抗議文を掲げた。 https://videosetv.ecn.cl/EMOLTV_V2_20181119093241339_360p.mp4 …

仏日本人留学生行方不明事件〜仏検察がチリで容疑者と接見要請

一昨年12月からフランスで行方不明となっている日本人留学生の事件。事件から2年を目前に、フランス検察はチリ国内での容疑者との接見を要請している。 本日19日月曜日の会見で、フランス・べサンソンの検察は日本人女性が元交際相手のチリ人男性(現在はチリ・サンティアゴ居住)によって窒息死させられたとの見解を発表した。…

求人情報!チリ北部コピアポ地域鉱山業務〜チリ国外からの応募可!!

チリ北部コピアポ地域で鉱山業務に携われる人材を募集しています。 求人内容は以下の通りです。  『チリ・コピアポ地域鉱山業務』 職務:経理・総務、Cargo Gerencia de Administración,Recursos humanos. (同等の職務経歴を求む) 給与:1,800,000ペソ(約3,000ドル) 勤務地:チリ・コピアポ市内 …

ブラジルの建設会社「Odebrecht不正事件」〜重要証人の息子、毒物摂取で死亡

コロンビア検察庁は、ブラジルの建築会社Odebrechtのコロンビアでの不正事件の重要証人ホルヘ・エンリケ・ピサノの息子アレハンドロ・ピサノがシアン化物系の毒物の飲用で命を落としたと発表した。 「被害者は、父親の書斎に置いてあった水を一口飲んだ後で、変な味がすると周りに注意し吐き出そうとしたができず、胃の不調を訴え医療機関に搬送されてる最中に亡くなった。」 先週木曜日に亡くなってるホルヘ・ピサノの死亡原因は自然死とされている。8月にはNoticias…

中米移民キャラバンの一部がメキシコ・ティファナに到着〜米国との国境

中米移民キャラバンから離れて移動していたLGTBコミュニティーの約75人がバスで米国との国境であるメキシコ・ティファナに到着した。周囲の差別的な態度が、キャラバンから離脱した原因だという。 国境地帯に到着した最初のグループとなった。その他大勢は、移動手段となるクルマに乗るために避難所等で戦っている。 これから、更に危険な砂漠地帯を縦断する事になるため、グループから離れずモチベーションを保つのが重要になる。…

モトクロスSix Days of Enduro- ISDE Chile 2018、開催中!

International Six Days of Enduro (ISDE) 2018に参加している27ヶ国の代表団、約446人のドライバーによるパレードが10日土曜日に行われた。 パラグアイのチーム 12日から17日までの6日間の間にバルパライソ地方でコンペティションが行われ、総距離300km.、ビニャデルマール、コンコン、キンテロとプチュンカビ自治区が舞台となる。 コンペティションの経路はこちら。…

UNICEF警告!中米移民キャラバン〜子供達の心理的状況 

11月7日、UNICEFは、突然の移住によって厳しい道のりに引きずり込まれた中米移民キャラバンに参加している子供達の「複合的なトラウマ」、心理的なインパクトに対する警告を行った。 「キャラバンの子供達は人道的危機を経験している。身体的な影響が出る前に国連や非営利団体の介入が必要となっている。又、心理的な健康への影響が短期的、長期的に発生する可能性もある。」…

メキシコ:中米移民キャラバントラック2台が消息不明

メキシコ人権委員会は、米国を目指して10月19日にメキシコに入国したトラック2台(約80人の中米移民を乗せているとみられる)の行方が分からなくなっていると発表した。 「11月3日、通報によって今回の非常事態が認識され、約100名の移民が行方不明になっているとみられる。身の安全を確保するために追跡調査が行われ、行方が分からなくなった場所ベラクルス州のイスラ市では聞き取り調査が行われており、情報提供も呼びかけている。」…